初めての東北に

JR等でまわる、南東北ハイライトコース4泊5日

東北の旅は、人と文化の触れあいの旅。初めて東北に来る方には、効率よくおすすめポイントをまわるハイライトコースがお奨め。定番の平泉・松島観光に、水族館やショッピング、各種体験を含んだ充実プランです。

  • 岩手
  • 宮城
  • 福島
9:50

東京駅発

130分(JR常磐線)
12:00

泉駅発

20分(バス)
12:30

いわき・ら・ら・ミュウで昼食&買い物

海と魚のフードテーマパーク
「いわきのいいものぜんぶある」がテーマの観光物産センター。全国から直送された海の幸を競り市気分で買えるおさかなゾーンをはじめ、レストラン、お土産コーナーなど、6ゾーンで構成されている。また、いわきを紹介する情報コーナーのほか、小名浜湾内を巡る大型観光遊覧船も運航している。
TEL
0246-92-3701
FAX
0246-92-3147
営業時間
おさかなゾーン・物販ゾーン/9:00~18:00、飲食ゾーン・レストラン10:00~18:00、小名浜観光遊覧船いわきデイクルーズ/10:00~15:00(平日は~14:00)
休み
不定休
料金
入館無料、小名浜湾内めぐり航路/大人1,800円
URL
http://www.lalamew.jp/

いわきデイクルーズ

小名浜港を周遊する遊覧船。プチクルーズはいかが?

5分(徒歩)
14:00

アクアマリンふくしまを見学

自然を体感できる水族館
約800種13万点の生物を展示する水族館。2~4階に吹き抜ける大水槽では、トンネルを通りながらマイワシやカツオの迫力ある泳ぎを観察できる。熱帯アジアを再現したコーナーや、トドなどの大型ほ乳類、深海生物の展示コーナーのほか、チンアナゴなどを展示する「サンゴ礁の海」コーナーも人気だ。
TEL
0246-73-2525
FAX
0246-73-2526
営業時間
9:00~17:30(入館は閉館1時間前まで) ※季節により異なる
休み
無休
料金
大人1,800円、小~高校生900円、未就学児無料
URL
http://www.aquamarine.or.jp/

蛇の目ビーチで体験

釣りや炭火焼、餌やりなど多彩な体験メニューが用意されている。

20分(タクシー)
16:00

いわき市石炭・化石館を見学

炭坑と化石の複合展示施設
日本の産業振興・近代化を支えた常磐炭田の歴史と、いわき市内や諸外国で発掘された化石資料を紹介。日本を代表する化石、フタバサウルス スズキイのレプリカや、石炭採掘の様子をリアルに再現した模擬坑道など、スケール感のある展示が好評だ。本物の化石で行うアンモナイト標本作製などの体験教室もある。
TEL
0246-42-3155
FAX
0246-42-3157
営業時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休み
第3火曜(祝日・振替休日の場合は翌日休、8月は無休)
料金
大人650円、中・高・大学生430円、小学生320円
URL
http://www.sekitankasekikan.or.jp/
38分(JR常磐線)

いわき市内泊

フラガール

スパリゾートハワイアンズでは毎日フラガールのショーを開催。ぜひ一度見たい。

http://www.hawaiians.co.jp/

10:00

いわき市内発

25分(タクシー)
10:30

ワンダーファームにてトマト狩りとランチ

トマトのテーマパーク
トマトをテーマにした農と食の体験ファーム。広大なファームでのトマト狩りをはじめ、採れたて野菜をビュッフェで味わうレストラン、広場でのバーベキュー、未来の乗り物として話題の「インモーション」試乗など、“驚きの”農業体験ができる。トマトを使用したオリジナル商品はおみやげにもぴったり。
TEL
0246-38-8851
FAX
0246-85-5106
営業時間
トマト狩り/土・日曜、祝日10:00より1日5回 ※施設・プログラムにより異なる
休み
施設・プログラムにより異なる
料金
トマト狩り/800円 ※プログラムにより異なる
URL
http://www.wonder-farm.co.jp/
25分(タクシー)
13:00

いわき駅発

100分(バス)
14:50

郡山駅 → 仙台駅

40分(JR新幹線)
15:40

仙台市内泊

仙台では名物牛タンにトライ!

仙台では必ず食べたい牛タン。市内にたくさんの店舗があるので要チェック。

10:00

仙台市内発

①仙台市内観光
15分(るーぷる仙台)
10:20

仙台城跡をまわる

伊達政宗の騎馬像が街を見守る
仙台を400年前に治めた戦国武将・伊達政宗の居城跡。城跡一帯は青葉山公園として整備され、石垣と再建された脇櫓が往時をしのばせる。本丸跡には伊達政宗の騎馬像が立ち、仙台市中心部の街並みも一望できる。仙台市観光シティループバス「るーぷる仙台」の利用が便利。

伊達武将隊

仙台城跡を拠点に活動している。うまくいけば一緒に撮影!

40分(バス乗継)
12:00

仙台うみの杜水族館を見学

多彩な海の生き物に出会える
9,900㎡の延床面積に約100基の水槽群を持ち、日本はもとより世界の個性的な生き物を展示。三陸の海を再現した巨大水槽や、ペンギンやオタリアとのふれあい体験、イルカやアシカのパフォーマンスなど、見どころも充実している。水族館の裏側を飼育スタッフと探検するバックヤードツアーも人気。
TEL
022-355-2222
FAX
022-355-2225
営業時間
9:00~最終入館18:00 ※季節により異なる
休み
無休
料金
大人2,100円
URL
http://www.uminomori.jp/
10分(徒歩)
14:00

三井アウトレットパーク仙台港でショッピング

東北最大のアウトレットモール
仙台空港からバスで約30分。日本三景「松島」にも近い立地で国内外の人気ブランドショップなど約120店舗が集結する東北最大のアウトレット。アウトレットならではの驚きのプライスはもちろん、東北のご当地グルメが楽しめる飲食店や仙台市街が見渡せる東北最大の観覧車など、魅力が盛りだくさん。
TEL
022-355-8800
営業時間
ショップ10:00~20:00
レストラン10:30~20:00
フードコート10:30~20:00
※季節により異なる
休み
年1回不定休
URL
https://mitsui-shopping-park.com/mop/sendai/
20分(バス)
16:00

仙台アンパンマンこどもミュージアム&モールの見学など

日本のこども達に人気の「アンパンマン」のテーマパーク。ステージショーやフードショップなどが楽しめる。

仙台市内泊

②仙台市内復興ツーリズム
15分(地下鉄)
10:20

せんだい3.11メモリアル交流館を見学

震災の記憶を未来へ、世界へ
東日本大震災を知り学ぶための場であるとともに、津波により大きな被害を受けた仙台市東部沿岸地域への玄関口としての役割を担う。震災被害や復興状況を伝える常設展と、地域の暮らし・記憶を通して震災を伝える企画展のほか、震災を語り合うワークショップや周辺を巡るフィールドツアーも実施。
TEL
022-390-9022
FAX
022-353-5710
営業時間
10:00~17:00
休み
月曜(祝日の場合は翌日)、土・日曜、祝日を除く祝日の翌日
料金
見学無料
URL
http://sendai311-memorial.jp/
http://sendai311-memorial.jp/wp/wp-content/uploads/2017/10/smcc_3ori2-170916-SGR.pdf
15分(バス)
12:00

震災遺構 仙台市立荒浜小学校

被災時のありのままの姿で建つ
東日本大震災時、児童や教職員、地域住民が避難し、2階まで津波が押し寄せた荒浜小学校を震災遺構として公開。校舎内では地震発生から避難、津波襲来、救助に至るまでの経過を写真や映像で展示し、津波の威力や脅威を伝えている。屋上からは今もなお進む復旧・復興工事の様子を見ることができる。
TEL
022-355-8517(管理事務所)
FAX
022-355-8517(管理事務所)
営業時間
10:00~16:00
休み
月曜、第2・4木曜(祝日の場合はその翌日)、土・日曜、祝日を除く祝日の翌日
料金
無料
URL
https://www.city.sendai.jp/kankyo/shisetsu/ruin_arahama_elementaryschool.html
https://www.city.sendai.jp/kankyo/shisetsu/documents/mitsuori_arahamasyo_2.pdf
40分(バス・地下鉄)
14:00

仙台市内散策

仙台駅周辺やアーケード街で買い物と食事をゆっくり楽しんで。
16:00

仙台市内泊

10:00

仙台市内発

40分(JR仙石線)
10:30

松島海岸駅着

10分(徒歩)
11:00

松島湾内遊覧船で島巡り

松島観光ならマストのアクティビティ
大小260ほどの島々が浮かぶ松島。その景観の美しさを間近で見ることができるのが、松島湾クルージングだ。発着は、JR松島海岸駅近くの乗船所。コースは約50分でさまざまなルートがあり、双子島、千貫島などユニークな形の島々を巡る。ベレー帽をかぶりタバコをくわえているような形の「仁王島」は必見。
TEL
022-354-2233(松島島巡り観光船)
022-365-3611(丸文松島汽船)
FAX
022-354-2235(松島島巡り観光船)
022-365-3509(丸文松島汽船)
営業時間
観光船会社により異なる
休み
無休
料金
大人1,500円~
URL
http://www.matsushima.or.jp/(松島島巡り観光船)
https://www.marubun-kisen.com/(丸文松島汽船)
12:00

松島海岸通りを散策

お土産物や飲食店が立ち並ぶ海岸通り。食べ歩きも楽しい。

瑞巌寺

政宗が完成させた伊達家の菩提寺
1609年に伊達政宗が5年の歳月をかけて完成させた伊達家の菩提寺。国宝である本堂内部の各室を飾る、復元模写された壮麗な襖絵や、伊達家関連の資料を展示している宝物館などが見学できる。日曜や祝日には、ボランティアによる境内の英語ガイドも行われる。
TEL
022-354-2023
FAX
022-354-5145
営業時間
8:00~17:00(入門は閉門の30分前まで) ※季節により異なる
料金
大人700円
URL
http://www.zuiganji.or.jp/

松島玉手箱館で牡蠣カレーパン

丸ごと入った牡蠣とカレーの相性が抜群。松島の人気商品。

五大堂

政宗が再建した松島のシンボル
伊達政宗が再建した御堂で、松島のランドマーク的存在。安置される五大明王像は秘仏で、開帳は33年に1回。御堂の四面には、12の動物が彫刻されている。五大堂がある小島までは、下の海が透けて見える朱塗りの透かし橋を渡っていく。
TEL
022-354-2023(瑞巌寺)
FAX
022-354-5145(瑞巌寺)
営業時間
8:00~17:00 ※季節により異なる
料金
拝観無料
URL
http://www.zuiganji.or.jp/keidai/godaidou.html

笹かま手焼き体験

松かまでは五大堂を眺めながら笹かまの手焼き体験ができる。1枚200円。 

円通院で数珠作り体験

禅寺で自然の美しさを愛でる
仙台藩主・伊達政宗の嫡孫、光宗の霊廟として開山。宮城県最古の霊廟「三慧殿」(国指定重要文化財)があり、苔むした日本庭園では秋に紅葉ライトアップを行うなど、四季の風情が楽しめる。山門左手には、良縁を結ぶ「縁結び観音」と沢山の縁結びこけしが並ぶ。好みの数珠玉で数珠作りも体験できる。
TEL
022-354-3206
FAX
022-354-5447
営業時間
8:30~17:00(入門は閉門30分前まで) ※季節により異なる
料金
大人300円
URL
http://www.entuuin.or.jp/
17:00

松島温泉泊

海辺の温泉リゾートステイ
なめらかな感触で肌あたりが良く、「美人づくりの湯」という異名を持つ松島温泉。7つの温泉宿泊施設があり、オーシャンビューの客室、新鮮な海の幸を堪能する食事など、各旅館が趣向を凝らす。「日本百名月」に選ばれた松島だからこそ、松島湾に浮かぶ月を眺めながらの露天風呂の入浴が特におすすめ。
TEL
022-354-4111(事務局:松島センチュリーホテル)
FAX
022-354-4191(事務局:松島センチュリーホテル)
料金
宿泊料金は施設により異なる
URL
http://www.matsushima-onsen.com/
10:00

松島海岸駅発

105分(直通バス)
12:00

平泉中尊寺レストハウスで昼食

世界遺産・中尊寺の門前にある観光施設。お土産ものやレストランが充実している。
10分(徒歩)
13:00

中尊寺金色堂

2011年6月に世界文化遺産登録。金色堂はじめ3,000余点の国宝・重要文化財を伝える東日本随一の平安仏教美術の宝庫。
30分(徒歩)
14:00

毛越寺

浄土の世界がひろがる日本を代表する庭園。四季折々の景色が素晴らしい。
20分(徒歩)
15:50

平泉中尊寺レストハウス発

10分(路線バス)
16:20

平泉駅発

10分(JR東北本線)
16:50

一ノ関駅発
(仙台駅または東京駅へ)

  • 青森
  • 岩手
  • 宮城
  • 福島

東北太平洋沿岸をすべて回る欲張りプラン。ハンドルを握れば海岸線の絶景はすぐそこに。地元の人とのふれあい、おいしい海の幸グルメ、水平線に昇る朝日。大切な人や仲間と、心に残る旅を。

  • 青森

絶景の宝庫といわれる種差海岸をトレッキング。ウミネコに触れたり、高山植物を見たり、日本食を食べたり。美しい海岸線をのんびり散策しましょう!

  • 岩手

ダイナミックな海岸線は、まるで絵画のよう。リアス海岸の絶景を目の前で楽しむ、トレッキングの新名所です!!

  • 青森
  • 岩手

東北の旅は、人と文化の触れあいの旅。初めて東北に来る方には、効率よくおすすめポイントをまわるハイライトコースがお奨め。種差海岸や北山崎、浄土ヶ浜、龍泉洞の観光に加え、八戸の横丁や朝市、ローカル線乗車等も含んだ、充実のプランです。

  • 岩手

私たちは津波に負けない。東日本大震災後、復興とさらにその先の未来へと進むまちの様子、人々の暮らしをめぐる復興ツーリズム。世界のどこにもない、このエリアだからこその特別な旅です。

  • 宮城

私たちは津波に負けない。東日本大震災後、復興とさらにその先の未来へと進むまちの様子、人々の暮らしをめぐる復興ツーリズム。世界のどこにもない、このエリアだからこその特別な旅です。

  • 福島

里山の道をのんびり歩くトレイルコース。松川浦の自然と、相馬の歴史を訪ね歩く、日本の田舎めぐりの旅です。